予算2万円前後で選ぶなら、間違いなくこの革財布を使います

「もしも予算が2万円くらいで革財布を選ぶなら
洋服バカで、革オタクのお前ならどれを選ぶ?」
と、つい先日友人に聞かれました。

数年前までは口癖のように
「ブランド品が・・・」「誰もが知っている方が・・・」

と言っていた友人も、ある程度の年齢になってきたからなのか
ブランドネームよりも品質や作りのよさに拘るようになったようです。

友人は「おすすめではなく、私が実際に2万円くらいの予算で選ぶものを教えて欲しい」
そして私が選んだ財布を、友人は実際に購入するということでした。

まぁ信頼を寄せてくれているようで、縛りのある財布選びですね。
2万円くらいの予算で、革財布を選ぶなら間違いなくこれを使います。

blog-2-1

>>実際に購入したマットーネ・ラージウォレットのレビュー

まずこの革自体が、品質・作りが非常によくて
革本来のシボ感 ・ほどよい光沢 ・初めは少し硬めの革質
革本来の質感をあえて残している上質な革であること。

現在の革製品は作りの良さや高品質なものよりも
生産コストを抑える事がメインになっているそれなりのモノが多いです。

そんな中で、コストよりも高品質な革作りを追及している
世界的にも希少なタンナーCONCERIA CARLO BADARASSIの革が使用されていること
要するに革の素材自体が良いわけです。

生産コストよりも高品質な革を作り続け
時代と逆行するような拘りを持って生み出される革です。

 

内装にも手を抜いていない
blog-2-2

内装に生地を使っているラウンドファスナー長財布に多いですが
この長財布は、内装に上質なヌメ革を使用しています。

生地を使う事が悪いわけではありませんが
見方によってはショボく感じる財布が多いのも事実です。

この価格で、この中身なの・・・? と思うような財布が多いですよね。
2万円くらいの予算で選ぶなら、少しでも高揚感と高級感を感じるもの
見えにくい部分まで拘り抜かれている財布が良いと思います。

 

日本の熟練した職人が作り込む丁寧な仕事

財布に限らず、洋服や鞄などのアイテムは
どこの国の、どんな人が作り出したのか?
見えにくい・感じにくい部分でもあります。

日本の熟練した職人が作り込む丁寧な仕事というと
これは、付加価値や安心感や信頼になると思いますが
日本の職人が作りだした財布の作りは、やはり質が非常に高いです。

高い技術力や職人の技は、衰退していってほしくないですね。本当に。。。

blog-2-3

カラーは・オールドブラック ・ブランデー ・ビターチョコ
の全3色展開されていますが、断然ビターチョコですね。

blog-2-4

ブラックやブランデーも良い色であることは変わりませんが
ビターチョコのブラウンカラーは、柔らかさと気品があって
経年変化した時の色合いや風合いに深みがあって好きです。

ビジネス・フォーマル・カジュアルとシーンを選ばずに
マッチするのも、この色だからこそかなと思います。

厳選された革素材 ・日本の職人の丁寧な作り込み ・見えない所までの拘り
拘りが詰まっていて、これほどのクオリティーで税込 26.000円は・・・

なぜこの財布を選ぶのか話だしたらキリがありませんが
間違いなくこの財布を選びますね。

友人の満足度もかなり高かったので、私も真剣に選んで良かったなと。
2万円前後の予算で、革財布を探している方は参考にしてみて下さい。

上質な革素材 ・質 ・作りの良さ ・見えない所までの拘り
26.000円この価格で選べるマット―ネ ラージウォレットおすすめです。

>>マットーネ・ラージウォレットの詳細・レビューはこちら

 

値段別・おすすめメンズ革財布

3万円以内の予算で選べるおすすめ上質なメンズ革財布

4万円以内で選べる質高き確かなメンズ革財布

5万円以内の最上級のメンズ革財布

形別・おすすめメンズ革財布

長く使えて・長く愛せるおすすめの二つ折り財布

長く使えて・長く愛せるメンズ長財布

長く使える上質なラウンドファスナー長財布編

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

TOPへ