革財布 専門店ならではの拘りや匠の技

国内・海外を含めると膨大な数の革財布を取り扱っているブランドがありますよね。

私は「いかにも」といったデザインやロゴの入ったブランド品
マーケティング費用や販間費が膨大に加算された高額なブランド財布が苦手なので
ハイブランドの財布はおすすめしていませんが(過去にはあえて所持した事もあります)

革素材に拘り・日本の職人が手作業で作り出す
国内の革財布 専門店の高品質な革財布をおすすめしています。

 

高品質なハイブランド財布もあるけれど・・・

革素材や作りが丁寧でシッカリしたハイブランドの財布はあります。

例えば、エルメスは何十万円もするような高額な革財布ですが
元々が馬具工房だった歴史があったりしますし、財布も高品質です。

それにしても高過ぎですけどね。

その一方で合皮を使用しているにも関わらず、
10万円近くするようなブランド財布もあったりします。

合皮の財布に1万円以上も払うのは、
勿体ないというか正直無駄な出費としか思えませんが。苦笑

 

ブランドの思想や作り手の拘りや思いが詰まった逸品

革素材に拘り、財布の作りがシッカリとしていて高品質な革財布。

むしろゴテゴテした装飾や、ブランドのロゴやデザインなど入ってなくても
革素材が上質で作りがシッカリとしていれば、シンプルなデザインでも
上品さや高級感を自然と放つ上質な革財布はあります。

価格以上の満足感を得られる、人に自慢したくなる逸品

革財布 専門店ならではの高品質な革財布。

一度そのブランドの財布を持ってしまったら、違うシリーズの財布も気になってしまって、
次財布を変える時は「この中のどれにいようかな」と思ってしまう。

ハイブランドのように知らない人の方が少ない「ギラギラしたモノ」ではありませんが
素材の良さや作り手の思いが詰まった逸品になると、次が気になるモノだと思います。

次を早く迎えたくて、財布を二つ持ってしまうなんて事にもなるかもしれませんね。

名前ではなく、素材や作りの良さ・醸し出す雰囲気など
自分の感覚・感性を刺激して、早く次を選びたくなる
高品質で特別を感じられる逸品を、ホンモノと呼んでいます。

だからこそ、自信を持って人におすすめできる革財布も限られてくるんですよね

>>おすすめの上質革財布詳細レビューはこちら

 

値段別・おすすめメンズ革財布

3万円以内の予算で選べるおすすめ上質なメンズ革財布

4万円以内で選べる質高き確かなメンズ革財布

5万円以内の最上級のメンズ革財布

形別・おすすめメンズ革財布

長く使えて・長く愛せるおすすめの二つ折り財布

長く使えて・長く愛せるメンズ長財布

長く使える上質なラウンドファスナー長財布編

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

TOPへ