革財布の経年変化とは「劣化」ではなく刹那的な時間を「共に過ごした証」だと思う

馬・牛・羊、演繹法(えんえきほう)で例えるなら、動物だった彼らから取られた皮を
その道に生きる職人が長年の経験を下に、時間と手間をかけ「皮から革」に仕上げる。

革に生まれ変わったモノを、同じくその道に人生を賭けてきた日本の職人が「革から財布」へと仕立て上げる。

誇張をする気はありませんが、作り手の思いや思想・拘りが伝わってくるモノには
必ずストーリーがある
と私は思っています。

 

そこには「ブランドの名前は関係なく」自分の感性や感覚をビシビシと刺激し
直感的に「これはホンモノだ・これを選びたい」そう思わせてくれるモノだと。

革財布に限らず革製品に関することで言えば「経年変化」があります。

経年変化とは言い換えれば、劣化と同義語といえるかもしれません。

ですが、劣化とは人・モノ関係なく、この世に存在するすべてのモノに共通する事象。
言い換えれば、全ての人・モノは劣化の過程にいる事だと言えます。

人は老いて、身体は昔のように効かなくなり
肌にはシワが増えて、外見だけを見れば劣化ともいえる。

モノも人と変わる事はなく、新品の状態から
傷が増え・少しづつ・確実に傷んでいく。

 

全ての人・モノとは劣化の過程にいるが、
その時にしか見れない刹那的に垣間見せる表情に魅力が宿る
モノだと思います。

人は老いていき、身体的な感覚や外見だけを見れば劣化の過程にいるが
劣化・つまり老いとは反対に経験や知識を得て、人として深みを増していく。

悩み抜いて選らんだ逸品も、時間をかけ・時間を共にし、
自分の人生によりそった物だからこそ、持ち主にしか出せない
その瞬間に魅せる刹那的な魅力が宿る

 

革製品に馴染みのない方にとって、革の経年変化とは想像しにくいモノかもしれませんが、
同じく経年変化を楽しめるモノの代表として「ジーンズ」があります。

質高き素材を用いて、作りのシッカリとしたジーンズは履き倒し育てることができる。

この感覚、若き日にジーンズが大好きで、履き倒し育てたことがある方なら分かるはず。

時間をかけ・時間を共にし・自分の人生に寄り添うパートナー

毎日の変化を楽しみながら、自分の分身とも思えるような逸品との付き合いをしたくなるはず!

そんな事を、ジョージブライドル・バイアリーウォレットを見ていて思いました。

最上級の革財布ジョージブライドル・バイアリーウォレット

永い時を共にし、その時々で魅せる刹那的表情を醸し出す経年変化。
作り手の思いや拘りの詰まった質高き確かな逸品。

 

長く使えて・長く愛せるメンズ革財布・形別

>>長く使えて・長く愛せるメンズ革財布ラウンドファスナー長財布編

>>長く使えて・長く愛せるメンズ二つ折り(かぶせ)長財布

>>長く使えて・長く愛せるおすすめの二つ折り財布

 

 

値段別・おすすめメンズ革財布

3万円以内の予算で選べるおすすめ上質なメンズ革財布

4万円以内で選べる質高き確かなメンズ革財布

5万円以内の最上級のメンズ革財布

形別・おすすめメンズ革財布

長く使えて・長く愛せるおすすめの二つ折り財布

長く使えて・長く愛せるメンズ長財布

長く使える上質なラウンドファスナー長財布編

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

TOPへ