スーツと普段着で財布を使い分ける

スーツと普段着で財布を使い分ける

スーツと普段着で財布を使い分ける

スーツを着てお仕事をされているビジネスマンの方は、スーツと普段着で財布を使い分けていますか?

または、ビジネスシーンとプライベートで財布を使い分けていますか?

財布の中身を毎日入れ替えるなんて面倒くさいし、そんな事をやってる人なんているの?と思われるかもしれませんが、財布の中身を毎日変える必要はありません。

毎日財布の中身を入れ替えるなんて、面倒くさいですし私もやっていませんが、週に1度は財布を入れ替えて使い分けてみませんか?

本当にお洒落な人やモテるセルフイメージの高い方は、TPOに合わせて服装も小物も変えるモノです。 普段からセルフイメージの高い方や、女性にモテたいと考えている男性はスーツと普段着(仕事とプライベート)で、財布を使い分けてみましょう。

スーツと普段着で、どんな財布の使い分けをしたら良いのか?を解説していきます。

 

スーツスタイルに合う財布

スーツスタイルに合う財布

スーツスタイルに合う財布は

  • シンプルで雰囲気高い革財布
  • 札入れ専用の長財布

スーツに合わせる財布は、シンプルで雰囲気の高い財布を選びましょう。 デザインやロゴの入った財布は、スーツスタイルとはアンバランスで浮きますし、ブランドによっては嫌味に見えることもあります。

シンプルで雰囲気高い財布とは、デザインやロゴはないけど「上品さや高級感」のある財布です。

ぱっと見では、どこのブランドか分からないけど「高そうな財布を使っているとか、その財布はどこのブランドですか?」と聞かれるようなモノなら、あなたのセンスが高く評価されると思います。

ブライドルレザーコードバンを使った財布は、ギラギラしたブランド財布とは違い、硬質で重厚感の中にも上品さと高級感のある雰囲気の高さが、スーツとの相性が良いのでオススメです。

コードバン長財布はスーツとの相性が抜群に良い!

スーツの内ポケットに入れるなら、財布が厚くなりにくい薄マチの長財布や、小銭入れを省いた札入れ専用長財布がオススメですね。

札入れ専用長財布の場合は、小銭入れを用意する必要がありますが、シーンによって小物を使い分ける姿は様になります。エグゼクティブなセルフイメージを持っている方は、札入れ専用長財布を検討してみて下さい。

※ 名刺入れメンズのおすすめは、ブライドルレザーやコードバンなどの本革を使った名刺入れがおすすめです。

 

プライベートで使う財布

プライベートで使う財布

プライベートで使う財布なら

  • ソフトなイメージのラウンドファスナー長財布
  • 手のひらにもポケットにも収まる二つ折り財布

スーツに合わせる財布が、ややカッチリとしたイメージなので、プライベートで使う財布は柔らかさと洒落っ気のある革財布だとギャップを作れますね。

昔はラウンドファスナー長財布は、女性が持っているイメージが強いかもしれませんが、今では男性の間でもラウンドファスナー長財布は人気があります。

ジップが付いているので、中身を落とす心配もありませんし、失くし物が多い男性にもラウンドファスナー長財布おすすめです。

 

コンパクトな二つ折り財布

コンパクトな二つ折り財布

使い慣れた方にとっては、これ以上ない実用性を兼ね備えた二つ折り財布もまた、プライベートで使う財布として◎ですね。 プライベートだけで二つ折り財布を使いながら革を自分色に育てるなんて、洒落っ気があって良いと思います。

特に、マットーネレザーやミネルバボックスを使った財布で、ブランデーのような色なら革の経年変化を楽しめますし、カジュアルなスタイルにも違和感なく馴染んでくれます。

2つの財布を使い分けることは、財布を長く使い続けるポイントでもあるので、結果的にコスパも高くなると思います。  特に、革財布を綺麗なまま使い続けたい方や、キズや汚れを防ぎたい方は、財布の使い分けを取り入れてみて下さい。

>>スーツに合うメンズ長財布はこちらから

>>スーツに合うラウンドファスナー長財布はこちらから

>>スーツに合うメンズ二つ折り財布はこちらから