革財布を選ぶならブランドと中身どっちに拘れば良いの?

革財布を選ぶならブランドと中身どっちに拘れば良いの?

私個人の意見としては、どちらを基準にしても良いと思っています。

例えば、ヴィトンが大好きで仕方なく、コレクションは欠かさずにチェックして、正規店とネットで新作を頻繁に見るような方であれば、多少高価でもヴィトンの財布を選んだ方が良いと思います。

 

反対に、特定のブランドに興味がなく拘らないのであれば、名前よりも中身に拘って「革と作りの質が高く長く使える財布」を選んだ方が良いと思います。

ただ、革財布の選び方として難しいところもあって、高価な財布が必ずしも上質とは限らないのです。

 

値段 = クオリティーとはならない

値段 = クオリティーとはならない

誰もが知っているハイブランドのお財布は、無名ブランドの財布と比べるとずいぶんと値段が高いと感じますよね。

当サイトで紹介している国内ブランド・ココマイスターの財布と、ヴィトンやグッチの財布を比べてみると、その差額は一目瞭然です。

 

ココマイスターの財布は、革好きなら誰もが知っている欧州国内の上質なレザーを使い、日本の職人がハンドメイドで生み出していますが、ヴィトンやグッチのお財布よりも安いのです。

有名なモノグラムシリーズやダミエなどは、合皮を使っていながら、職人ハンドメイドのお財布よりも高いんですよね。

 

ブランドネームに納得してお金を払う

職人ハンドメイドの本革財布と、合皮ながら高価なお財布にある大きな差額。

この差額はブランドネーム、いわゆる「付加価値」の値段が加算されているからですが、付加価値とは言い換えれば「有名」「誰もが知っている」「憧れ」「ステータム」「安心感」こういった言葉に置き換えられます。

 

ヴィトンやグッチなどの財布を買う場合は「誰もが知っている」「憧れ」「ステータス」こういった目には見えない「付加価値」にお金を払っているわけです。 この付加価値に魅力を感じて、納得して高価な財布を買っている人もいますよね。

ただ、財布としての価値で考えた時に「有名」「ステータス」こういった付加価値に、私自身は魅力を感じず、むしろしょうもないとすら感じてしまいます。

 

そんなことを言いながらも私自身「付加価値」にお金を払っているところがあって、「一流の革職人が作ったレザー」「日本の職人が手作り」「長く使えるクオリティーの良さ」にお金を払っています。

同じ「付加価値」にお金をはらうとしても、ブランドの名前と中身に拘る場合では意味合いが違います。 どちらが良い悪いではなくて、自分が納得しているかどうかの違いだと思います。

特定のブランドを批判しているわけではないので、ご了承ください。

 

中身に拘るなら国内ブランドがおすすめ

中身に拘るなら国内ブランドがおすすめ

有名なブランド品の財布よりも、中身に拘って選びたい方には国内ブランドの革財布がおすすめです。

革製品を専門に扱うブランドは私が知っているだけでも23社ありますが、その中でもおすすめなのはやはりココマイスターの革財布ですね。

 

革の良さ・作りの良さ・そして価格の3つが揃った上質な革財布は、数年使っていますがヘタレることなく使い続けています。

その他の国内ブランドであれば、キプリス・ガンゾ・万双・ユハクなどがおすすめです。 ココマイスターの革財布は、私の私物をレビューしているので、中身に拘って革財布を選びたい方はご覧になってみて下さい。

>>ココマイスターのおすすめメンズ革財布詳細レビュー

 

 

値段別・おすすめメンズ革財布

3万円以内の予算で選べるおすすめ上質なメンズ革財布

4万円以内で選べる質高き確かなメンズ革財布

5万円以内の最上級のメンズ革財布

形別・おすすめメンズ革財布

長く使えて・長く愛せるおすすめの二つ折り財布

長く使えて・長く愛せるメンズ長財布

長く使える上質なラウンドファスナー長財布編

コメントを残す

*

サブコンテンツ

TOPへ