ノンブランドの財布が今求められている理由

ブランドネームを気にする日本人

「これはルイ〇ィトンの財布なんだよ」
「〇ラダの財布なんだから良いに決まってるでしょ?」

こんな事を言っている人があなたの周りにもいませんか?
もしいるようなら一度聞いてみてください。
「その財布のどこに惚れて買ったの?」と。

ブランドの名前を口に出して自慢してくる人達にとって
その財布の最大の魅力は革(レザー)の質や作りの良さではなく

「ブランドネーム」

それが欲しかったに過ぎません。

ルイ〇ィトンと名前が付いて、ロゴや柄が入っていれば
なんだって構わないんです。

仮にそれが偽物だったとしても気がつきません。
ブランドネームを手に入れたらそれで終わりです。

本来なら、本当に良い財布を手に入れてからが「スタート」であるにも関わらず。

ブランドの財布が悪いわけではなく
その価値を分かっていない人が単に「ルイ〇ィトン」だからと言った
理由で得意げになり自慢をしたいような顔で
所持している事が格好悪いのです。

本来ハイブランドを持つ理由としては
そのデザイナーの思想や作り出される世界観に惚れて
共感するからこそ手に入れる事に意味があります。

ブランドとは本来こうゆうものです。

しかし多くの人は「高いから」「知名度があるから」「みんな持っているから」
そういった理由しか持ち合わせていません。

日本人がカモにされる理由も頷けますね。

 

ブランドネームに振り回される人には分からない

ブランドネームを気にする人が多いのと同じように
ブランド物が苦手で「本物」を求める人も多く存在します。

・拘り抜かれた革(レザー)
・財布の作りの良さ
・経年変化を楽しめ飽きのこないフォルム

どれもブランドネームばかり気にする人は
一生かけても分からないことばかりでしょう。

長く使い続ける為ならホースレザーが良いかな?
それともディケイドなどのレザーが良いか?
初めから柔らかいレザーが欲しいからカーフレザーかな。

ラムレザーでもいいかも
鞣し方はベジタブル タンニン鞣しの方が・・・
いやクローム鞣しの方が良いかな・・・

拘りや知識のある男性を魅力的だと思いませんか?

知識があるだけでなく、本当に良い物を自分の判断基準で
納得して所持している方が本当に格好いいですよね。

ブランドネームばかり気にしていて
「ブランドを持っている」ではなくて「ブランドに持たされている」
こうゆう人は見ればすぐに分かってしまうものです。

このブログではレザーの種類や鞣し方に関するや
熟練の職人が作った「本物」を紹介していこうと思います。

 

よく読まれている記事TOP3

>> 3万円以内の予算で選べるおすすめ上質なメンズ革財布

>>長く使えて・長く愛せるメンズ長財布

>>メンズ革財布の詳細レビュー

 

 

値段別・おすすめメンズ革財布

3万円以内の予算で選べるおすすめ上質なメンズ革財布

4万円以内で選べる質高き確かなメンズ革財布

5万円以内の最上級のメンズ革財布

形別・おすすめメンズ革財布

長く使えて・長く愛せるおすすめの二つ折り財布

長く使えて・長く愛せるメンズ長財布

長く使える上質なラウンドファスナー長財布編

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

TOPへ