ブランド革財布はなぜ経年変化をしないのか?

誤魔化しの効く革を使用しているからです。

 

「ブランド財布はなぜ経年変化をしないモノが多いのですか?」
といった質問をされることが多々あります。

本革といえば、使い込むほどの色合いや風合いに深みを増して
経年変化(エイジング)をするモノだと思っている方が多いですが
本革だからといってすべての革が経年変化するわけではありません。

長く使い込むほどに、色合いや風合いに深みを増していき
本革の醍醐味でもある経年変化を存分に楽しめる革財布

買った時のままの状態を保つ(何も変わらない)
風合いや色合いが変わらない革財布

どちらを探していますか?

 

経年変化をしない・しにくい革は以下の特徴があります。

  • 合皮
  • 厚化粧を施した革

使い込むほどに色合いや風合いに深みを増していく本革財布を
探していたのに、合皮や厚化粧の財布を間違って選んでしまったら
探していたモノとは違うわけですから、後悔してしまいますよね。

 

合皮の財布

合皮財布の見分け方はお話ししているので、見分け方については
本革革と合皮の見分け方」こちらの記事でお話ししていますが
合皮は布製の生地にポリウレタンコーティングを施して
革の模様をプレスしている「プラスチックと布の掛け合わせ」でしかありません。

あくまでも「革に似せた布や不織物の塊」なので
経年変化はしません。 ちなみに、モノにもよりますが
財布程度の大きさに使用される合皮の原価は500円もしません。

最近の合皮技術は、かなり高いので間違っても合皮財布を
選んでしまわないように注意してくださいね。

 

染料仕上げによって誤魔化せる本革

合皮の財布ではなく、間違いなく本革を選んだのに経年変化をしない本革は
革の色付けによって厚化粧をしている革財布を選らんでしまったからです。

革財布に限らず、革製品のほとんどは色がついていますよね?
革に色がついているのは、製造工程の中で商品として必要とされる
色付けが施されているからこそ。

この色付けの種類には大きくわけて3つあります。

・染料仕上げ ・顔料仕上げ ・素上げ

経年変化をしない本革は、革に厚化粧をする顔料仕上げで
本革本来の経年変化を魅せるのは、染料仕上げと素上げの2つです。

 

経年変化を存分に楽しめる本革になる染料仕上げ

染料仕上げは、動物が生きていた頃の証でもある、傷や血管などを自然な状態で残し、
革が本来持っている表情を活かす為に極めて薄い皮膜によって染め上げたモノ。

また、薄い皮膜のため完成した革の表情に誤魔化しが効かないので
ベースになる革も、当然上質で厳選された傷の少ない革が使われています。

革本来の質感や表情を活かしているので、染料仕上げによる革を使用した財布は
使い込むほどに色合いや風合いに深みと味わいを増して経年変化していきます。

 

革に厚化粧をする顔料仕上げ

革の本来の表情を活かし、誤魔化しの効かない染料仕上げとは異なり
顔料仕上げは、革にペンキをベタ塗りするようなイメージです。

ベースになる革の粗悪さや傷を隠すことができるので
革本来の表情や質感はなくなりますが、表革に不自然なほど統一感があり
経年変化をほとんどしない革です。

最も多く流通しているのが、この「顔料仕上げによる革」です。

 

革の色合いをそのまま活かしている素上げ

素上げによって作られた革は、全く色付け工程を行わずに
オイルなどによって表皮を整えてある革です。

ナチュラルカラーとも言われることがある素上げですが
革本来の色合いをそのまま残しているので、素朴で自然な表情そのモノです。

3つの染料による違いをお話ししてきましたが

  • 染料仕上げの違いを女性に例えるなら
  • 顔料仕上げが化粧美人
  • 染料仕上げと素上げがスッピン美人

ということになるかなと思います。

私は断然スッピン美人の染料仕上げが好きなのですが
顔料仕上げはベースになる革が粗悪品であっても
革に厚化粧をするので誤魔化すことができます。

ブランド品に多い不自然なほどギラギラした光沢は
この顔料仕上げが施されているモノが多いです。

私が唯一おすすめしている革専門店の革財布は全て染料仕上げによって
手間と時間をかけて作られた革素材が使用されています。

世界的に認められているタンナー(革を作るメーカー)が作る上質な革を使用し
熟練した日本の職人が丁寧に作り出す財布は、どれも一級品の逸品。

選らんで失敗や後悔のないモノが選べると
革オタクの私が唯一おススメできる革専門店です。

>>上質革財布の詳細レビューはこちら

 

値段別・おすすめメンズ革財布

3万円以内の予算で選べるおすすめ上質なメンズ革財布

4万円以内で選べる質高き確かなメンズ革財布

5万円以内の最上級のメンズ革財布

形別・おすすめメンズ革財布

長く使えて・長く愛せるおすすめの二つ折り財布

長く使えて・長く愛せるメンズ長財布

長く使える上質なラウンドファスナー長財布編

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

TOPへ