終始苦笑いのブランド自慢大会「苦笑」

誰でも一度はハイブランド品に憧れる年齢の時があると思います

10代や20代と、まだ若い年齢の時はまだ理解できますが
モノの価値が適切に判断できると考えられる年齢の30代や40代など
いわゆる大人がブランド品を自慢している姿を見るとドン引きします。

ましてやハイブランド品を格安とか激安で
購入しているにも関わらず自慢するしている人をみると
単なる見栄っ張りとしか思えません。

 

このブログでは何度も言ってきた事ですが
ブランド品とは本来、デザイナーやブランドの思想や世界観
に共感するからこそ選ぶモノです。

ハイブランド品が高いのは、莫大な広告費や販管費を回収するためや
ブランドのイメージ戦略によるもの、いわゆるブランドネームがついているから。

むしろ、どんなに良い素材を使って、手間暇かけて作られたとしても
10万を超えるような価格になる事などありえない。

ワザワザ海外のブランド品を選ばなくても
素材から財布の作りに拘っている高品質で上質な財布は国内にもあります。

高額なハイブランド品を購入する以上は、その価格を払うために用意された
お店に実際に足を運んで、一流の接客や雰囲気を味わいながら
買うことに意味があります。

決して、格安・激安で選ぶモノではありません。

 

ハイブランド品を格安や激安で選んでおきながら
「この財布って本物?」と心配している人がいますが
正規ルートで選んでいないのに、そんな心配をしている時点でズレてます。

私は見栄っ張りです。と言っているのと変わりません。
(正規店が近くになくてやむをえない場合は除きますが。)

ブランド品自慢をするなら、デザイナーやブランドの思想や
世界観を話したり、使われている革素材や拘りについて話すべきです。

ブランドの名前しか話せないような
薄っぺらく見栄っ張りな人に憧れはしません。

 

そもそも、食品や化粧品などは原産国や生産国を日本製か気にする人が多いのに
ブランドになると海外製の方が良いと考える人が多い事に、疑問しか感じません。

マスマーケティングに洗脳され過ぎです。

財布に限らず、革製の鞄や名刺入れなどを選ぶ際の基準は人それぞれですが
判断する際のプライオリティの1番上に、ブランドの名前がくるようなら
少し冷静になって考えてみた方が良いと思います。

モノグラムという某有名ブランドの財布を
「この財布の革の質感が・・・」と話している方がいたので
それ表面PVCのコーティングをしているので合皮ですよ。

と教えてあげたのですが、どうやら本革だと思っていたようです。
(ちなみに、PVCは塩化ビニールですが、燃えるととてつもなく臭い。苦笑)

ブランドの名前だけで選んでしまっているので仕方のない事だと思いますが
あの財布ってバカみたいに高いですよね。。。バイキャストレザーなのでしょうか

思っている事をそのままに書きましたが
ブランドネームではなく、素材や作りの良さ思想や世界観を大切にして
そのモノの適切な価値がわかる方にとって当たり前な話ですよね。

実際に使っているメンズ革財布の詳細レビューはこちらから

 

 

値段別・おすすめメンズ革財布

3万円以内の予算で選べるおすすめ上質なメンズ革財布

4万円以内で選べる質高き確かなメンズ革財布

5万円以内の最上級のメンズ革財布

形別・おすすめメンズ革財布

長く使えて・長く愛せるおすすめの二つ折り財布

長く使えて・長く愛せるメンズ長財布

長く使える上質なラウンドファスナー長財布編

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

TOPへ