合皮の財布に10.000円以上出すなら本革の財布を選んだ方が・・・

一言で革と言っても

ホースレザー・ホースフロント・コードバン
カーフ・ベビーカーフ・ブルハイド

など種類が豊富にあります。
そんな中で革ではない「合皮」があります。

合皮の財布で15000円する財布が気になっていて・・・
合皮の財布ってこんなに高いものなの?
やっぱり合皮は辞めて革の財布にした方が良いのかな?といった相談を受けました。

正直合皮の財布に15000円も出すのはもったいないと思います。
合皮のレベルは上がったと思いますがそれでも所詮合皮は合皮です。

本革と違い、傷がついても自然に修復しない、
ただ色落ちしていくだけ、所有していて満足感もありません。

見る人が見ればすぐに「あっ合皮だ。。。」と分かります。
にも関わらず、ちょっとしたブランドネームが付くだけで
数万円する合皮の財布もあります。

合皮の財布に10000円以上出すなら、本革の財布を選んだ方が断然良いです。

合皮について調べつくして、実験もかねて合皮の財布を1度所有した事がありますが
1.2年後にどういった経年変化をしているのか考えても楽しみが皆無だったので
すぐに友人に譲りました。苦笑

合皮の財布に魅力を感じている方や
ブランドネームを所持することがステータスだと思う方は良いと思いますが
個人的に合皮の財布に10.000円以上出すのは持ったいない・・・
と思うことは変わりませんね。。。

 

よく読まれている記事TOP3

 

値段別・おすすめメンズ革財布

3万円以内の予算で選べるおすすめ上質なメンズ革財布

4万円以内で選べる質高き確かなメンズ革財布

5万円以内の最上級のメンズ革財布

形別・おすすめメンズ革財布

長く使えて・長く愛せるおすすめの二つ折り財布

長く使えて・長く愛せるメンズ長財布

長く使える上質なラウンドファスナー長財布編

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

TOPへ