ブランド嫌いな彼に贈るプレゼント選び

ブランド嫌いな彼に贈るプレゼント選び

男性の中にはブランド物が苦手だったり嫌いな方もいます。
そういった彼氏の場合プレゼント選びは特に悩んでしまいますよね。

ネットや雑誌に載っている「男性が貰って喜ぶプレゼント」には
必ずブランド物がありますし,むしろノンブランドのプレゼントがなかったりするので
尚更プレゼント選びに困ってしまうと思います。

そこでブランド物が苦手だったり嫌いな彼氏が貰って喜ぶプレゼント
について押さえておくべき2つのポイントをお話ししようと思います。

その前にブランド物が苦手・もしくは嫌いな男性の特徴ですが
流行が嫌いでミーハーな事を好まない,ブランドの名前よりも
自分の感性や作りの良さを優先に考え強い拘りをもっている
こういった特徴の方が多いです。

ブランド物が苦手・嫌いな彼氏に贈るプレゼント
押さえておくべき2つのポイント。

present-b-2

 

1.プレゼントが特別な物である事を伝える

ブランド物が苦手な男性の特徴でも書きましたが
そういった男性は流行やミーハーな事を嫌がる傾向が強いです。

ルイ〇ィトンだから〇ラダだから何?といった具合です。
そうゆう男性には「拘り・特別」と言った言葉に弱かったりします。

例えばプレゼントに財布を選んだとします
ルイ〇ィトンの財布は嫌いで拒否反応を起こしたとしても
「厳選した素材を使って職人が丹精込めて作った財布なの」
と言えば、彼は喜んでくれると思います。

なぜなら厳選した素材=特別、職人が丹精込めて作る=拘り
といったように普段から拘りの強い彼の好きな言葉で埋め尽くされていますし
「ブランド物が嫌いな自分の事を分かってくれている」と感謝すると思います。

じゃぁ「限定」でもいいのかな?と考える方もいるかもしれないですが
ブランド物が苦手な男性は「限定」の言葉を聞いても「ふ~ん」程度の方がです。

数が少ない事が特別な事ではなく
作り手の拘りが詰まっているからこそ「特別」と感じるのです。

こういった男性が言われると弱い言葉があります
職人・拘り・厳選した素材・経年変化
こういった言葉を聞くとグラグラと心に響きます。

 

例えば

「これはルイ〇ィトンの期間限定で販売された貴重な財布なの」よりも
「これは厳選した素材を使っていて、熟練の職人が丹精込めて作った特別な財布なんだって」
どちらも「特別で貴重」と言っている意味は同じですが
ブランドが苦手な男性には後者の方が断然心に響きますし、
大切に使い続けようと思ってもらえます。

 

2.拘りが詰まっていると伝える

ブランドが苦手な彼にとって
ブランドネームを気にする=自分の拘りのない人
と捉えている男性が多いです。

こうゆう男性は自分の世界観を大切にしていて
特に好きな物に対する拘りが強い傾向にあります。

ファッション・趣味・車など、あなたの彼氏は好きな物に対する拘りが
かなり強いのではないでしょうか。

理想が高く・完璧主義者に多いことでもあるのですが
周りに流されない強い自分セルフイメージの高いと言っても良いかもしれません。

なので選ぶプレゼントも金額よりも、いかに拘りが込められてつくられているか。
この拘りの部分をプレゼントを渡すときに一緒に伝えてあげると良いと思います。

例えば、時計をプレゼントしようとした場合は
普通の電池時計ではなく「機械式腕時計」をプレゼントしてみる。

その時には「自分の世界観を大切にする○○くんだから、
拘りの詰まった特別な時計をプレゼントしようと思って」
と言うとかなり心に響くと思います。

ブランド物が苦手・嫌いな彼氏に誕生日プレゼントをする場合は
プレゼントが特別な物である事を伝える・拘りが詰まっていると伝える
この2つを参考にしてみてください。

ブランドが苦手・嫌いな彼氏に素敵なプレゼントをしてください^^

 

彼氏や旦那さんへ革財布をプレゼントする場合に
絶対にはずさない財布の選び方やおすすめの革財布をまとめたので
どんな財布を選んだら喜んでもらえるかな?とお考えの方は参考にしてみて下さい。

 

>>外さない!彼氏や旦那さんへのクリスマスプレゼントに財布の選び方

>>クリスマスプレゼントに人気のメンズ二つ折り財布

>>クリスマスプレゼントに人気のメンズ長財布

>>クリスマスプレゼントに人気のラウンドファスナー長財布

 

値段別・おすすめメンズ革財布

3万円以内の予算で選べるおすすめ上質なメンズ革財布

4万円以内で選べる質高き確かなメンズ革財布

5万円以内の最上級のメンズ革財布

形別・おすすめメンズ革財布

長く使えて・長く愛せるおすすめの二つ折り財布

長く使えて・長く愛せるメンズ長財布

長く使える上質なラウンドファスナー長財布編

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

TOPへ