仕事とプライベートで財布を分けるのは、慣れるまで面倒くさいです(苦笑)

お札と小銭とカードを取り出して、別の財布に移し替えるので、何度も「何でこんなに面倒なことをしてるんだろう」と思うことすらあります。

ただ、面倒くさいからこそ、仕事(スーツ)とプライベートで財布を分けるのがオシャレなのです。

 

お洒落ってよーーく考えてみると、面倒なことが多くないですか?雑誌やネットで着こなしを調べて、洋服を買いに行って、買ってきた洋服を家の中で合わせてみて、

あーでもない、こーでもないと、何時間も悩んだりする・・・

 

じゃぁなんでそんな面倒なことをするのかといえば、格好いいと思われたいからではないでしょうか。

もっとストレートに言えば「女の子にモテたいから」という男性もいるかと思います。

 

私は「格好良くなりたいし、同性にも異性にもモテたいから」 お洒落を気をつけています(同性からはファッションの相談をされ続ける存在でいたいという想いが強いです。)

 

前置きが長くなりましたが、この記事では、仕事とプライベートで財布を使い分けるのが、大人のお洒落だと思う3つの理由をお話しします。

仕事とプライベートで財布を使い分けた方がいいのか迷っている方は、今抱えているモヤモヤしたものが解消されると思いますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

財布の使い分けがお洒落な3つの理由

本革長財布

財布の使い分けがお洒落だと思うのには、

  • 洋服と同じで気分を変える
  • 財布を綺麗なまま使い続けられる
  • やる人が少ないので価値がある

この3つの理由があります。

1つずつお話ししますね。

 

洋服と同じで気分を変える

洋服

仕事とプライベートで財布を使い分けると、スーツから部屋ぎに着替えるのと同じように「気分を変える」ことができます。

 

仕事とプライベートで財布を使い分けなくても、仕事とプライベートで洋服は変えますよね。

例えば、スーツを着て仕事をされる方であれば、休日はもっとカジュアルな服装をしたり、またはトラッドな服装をしたり。

そもそも仕事から帰って部屋ぎに着替えると思いますが、部屋ぎに着替えるだけで、開放感や自由になった感覚を感じたりすると思うんです。

 

財布の使い分けもあの感覚に近くて、いつも仕事で使っている財布からプライベート用の財布に切り替えるだけで、気分転換ができるのです。

やってみると分かりますが、かなりリフレッシュできますよ。

 

財布を綺麗なまま使い続けられる

私物の本革財布

毎日同じ靴を履いていたら傷むのが早いのと同じで、ずーっと同じ財布を使い続けていたら汚れて古くなるのも早くなります。

それを防ぐのが財布の使い分けで、定期的に財布を使い分けるだけで、財布を綺麗なまま長く使い続けることができます。

 

私のメイン財布は、4.5年前に妻からもらった大切な財布があります。これは私にとって本当に宝物で「長く使い続けたい」「大事に使い続けたい」と思ってるんですね。

ただ、冬はスノボー、夏はトレッキングが趣味なので、そんな過酷な環境に同じ財布を持っていったら、宝物の財布が痛むのも寿命が縮まるのも目に見えてるわけです。

そこで私は、メインの財布と、アウトドア用の財布を分けるようにしてます。

 

たったこのひと手間を加えるだけで、妻からもらった宝物の財布は、4年たった今でも綺麗なままです。

5年使った財布

アウトドアが趣味でなくても、仕事とプライベートで財布を使い分けるだけで、財布を綺麗なまま長く使い続けることができますよ。

 

やる人が少ないので価値がある

そもそも財布の使い分け自体をやる人が少ないです。

冒頭でもお話ししたように、財布の使い分けは面倒なので、多くの人がやりません(その発想自体がないかもしれませんが)

そう、だから価値があります。やる人が少ないからこそ、財布を使い分けるからオシャレなのです。

 

これも冒頭でお話ししたことですが、お洒落って基本的に面倒くさいものです。

雑誌やネットでオシャレな着こなしを調べて、洋服を買いに行って、買ってきた洋服を家の中で合わせて、あーでもない、こーでもないと考える。

その時は楽しくても、客観的に見たらめちゃくちゃ時間と頭を使うことをしてます。

お洒落に興味がない人からしたら「え、そんな無駄なことして何になんの?」と思われるようなものです(実際に言われたこともあります)

 

でも、その面倒なことをするからオシャレになれるわけです。

 

面倒なことをするから、人と被らないようなファッションができるし、自分に似合うコーディネートができます。

そのひと手間が、他人との差を作り、モテるにつながるわけですよね。

 

私が財布の使い分けをしていることを人に喋ると「変わったことするよね」と言われることが殆どですが、そのたびにちょっとした優越感に浸っています

ちょっと嫌な奴かもしれませんが… 優越感を感じるのは実践してる人にしか分からない、オシャレさがあるからです。

 

面倒なことをあえてやることに意味や価値があるのは、仕事や家庭も同じです。

仕事であれば「あえて非効率なこと」をやるから、結果的に効率的になって、結果と数字が付いてきます。

人間関係はまさにそうで、新しい人脈を築こうと思ったら、非効率なこと・面倒くさいことがたくさん起こります。

そんな時に「面倒くさいからもういいや」と投げだしたら、いつまでたっても非効率なままです。数字も結果もついてきません。

効率ばかり追い求めると、結果的に非効率になることが沢山あるわけです。

 

家族も同じで、奥さんの話を聞くのが面倒くさいと思って距離を取っていると、夫婦関係が冷めていきます。

多少面倒でも、話が長くても、脈略や落ちがなくても、感情論であっても、奥さんの話は聞いた方がいいのです(心の叫び)

面倒なことをするから夫婦関係もよくなって、結果的に幸せに感じることが増えていきます。

 

話を戻すと、仕事とプライベートで財布を使い分ける人は少ないので、ひと手間かけるだけでオシャレになりますよ。

 

スーツに合う財布・カジュアルな財布

私が考えて実践している「仕事とプライベートで財布を使い分けるのがお洒落だと思う理由」をお話しさせて頂きました。

記事を読んでみて、少しでも「いいかも」「やってみようかな」と感じた方は、さっそく取り入れてみて下さい。

財布を使い分けるだけで、お洒落に見られますし、想像以上に気分転換にもなります。

とはいえ「何からやればいいかよく分からない」という方もいると思いますので、まずは財布をもう一つ手元に増やすことから始めてみて下さい。

財布を使い分けるには、財布が2個ないと始まりませんからね。

その際は、スーツに合うおすすめの財布と選び方という記事を書いているので、ご覧担ってみて下さい。

スーツやジャケットとの相性が良くて、ポケットに入れてもかさばらない財布の選び方を、3分で分かるようにお話ししています。

 

逆に、カジュアルな財布が気になる場合は、年齢別に人気のレザーブランドを厳選した記事があるのでご覧になってみて下さい。

10年以上変わらず愛され続けているレザーブランドの、オシャレでセンスが良くて、長く使える財布が簡単に見つかるはずです。

今回は以上になります。

最後まで読んで頂き、
ありがとうございました!

おすすめの記事